ビキニっ娘くすぐり!ビキニとくすぐりのベストマッチシリーズ!

「ビキニ&くすぐり、この2つが重なるとヤバイよね?」

 

↑画像をクリック↑

 

私がくすぐりに目覚めたキッカケの一つに、従妹のおねーちゃんと海に行った時の出来事があります。

 

小生、わずか小学1年生ぐらいの、年端もいかないガキんちょでした。

 

その時の記憶は、断片的ではありますが、強烈に刻まれています。

 

 

 

いわゆる、昭和の海水浴場でよく見られた、顔だけ出して体を砂で埋めるってやつですね。

 

あの定番の遊びを、私のオジサン(従妹のねーちゃんの父親)が、その当時15歳くらいの従妹のねーちゃんにやってたわけです。

 

その時のビキニ姿が強烈にエロくて、小学生ながら見てはいけないけど、見てしまうという、性欲の目覚めが起こるかどうかのハザマをさまよっていました。

 

オイル塗ってくすぐり

 

その時、従妹のねーちゃんが、砂に埋められ、その砂がやたらとくすぐったかったのか、「くすぐったい、くすぐったい」と言いながら砂山をもだえて崩していた。

 

横で埋められていた私は、隣で悶える従妹のねーちゃんの姿を見つつ、飛び散る砂が顔にかかって目をそむけたくなるけど、必死に横眼で横乳の揺れ具合や、唾をまき散らしながら笑い転げる女体にトリコにされていました。

 

30年以上経った今でも、あの光景が鮮明に刻まれています。

 

ビキニ姿のくびれたお腹の上を、砂が躍っていた…

 

「もう嫌だー!」

 

笑顔ながら嫌がる従妹のねーちゃんに、オジサンは何度も砂で埋めようとする。

 

 

なんだか、やたらと私の話が長くなってしまいましたが…

 

結論、ビキニが好きで、くすぐりが好きな人なら、このシリーズは絶対に見た方が良い!

 

くすぐりが好きになった理由は十人十色、色々あるでしょうが、どんな理由であれば想像を掻き立ててくれる作品となっています。

 

くすぐりと黒子

 

従妹のねーちゃんが、くすぐられている時に、ビキニが取れないかとハラハラドキドキしていましたが…

 

作品の中では、エロイ感じにビキニをずらして、めくってくれて、「あー、これだ、この絵が欲しかったんだよ、あの夏の日の少年の俺は!」と一人でポエマーになりながらシコシコしました(笑)

 

 

私は、女性が本当にくすぐりで悶えるシーン、時々、くすぐりフェチの動画では「本気じゃないな」と感じてしまい、興ざめしてしまう作品も少なくありません。

 

しかし、このビキニっ娘くすぐり!のシリーズでは、基本はリアルです。

 

特に4作品目の吉高マリアさんの出演されている作品は、途中で泣き出すんじゃないかってくらい悶える姿がヤバかったです。

 

まじで、ビンビンになりすぎて痛いくらい興奮しました!

 

男優さんが、黒子みたいない役で出てくれたところも、映像を邪魔しないでくすぐりに集中できて良かったですね。

 

くすぐりと黒子

 

くすぐり作品の中でも、くすぐり方にバリエーションが無いと駄目ですよね?

 

このシリーズでは、道具を使ったり、オイルを使ったり、あとは手技のバリエーションも多くて楽しめます。

 

ビキニっ娘くすぐり!公式HPはこちら

 

  • シリーズ全6作品
  • レーベル:フェチ映像屋
  • 出演:矢沢りょう、吉村安奈、吉高マリア、高沢沙耶、成井聖花

 

フェチ映像屋が出している作品には、スカトロやレズ、辱め系が多いのですが、こちらのくすぐりシリーズは人気も高く、くすぐりフェチにもコレクターが多い作品となっています。

TOPへ